大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


MPLSにおけるQoS制御の実現性に関する研究
著者
  田村 瞳
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科、卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  現在、インターネットに代表されるコンピュータネットワークの 高速化を図る技術として、 MPLS(Multi-Protocol Label Switching)が注目されている。 MPLSは、OSI(Open Systems Interconnection)階層モデルの第3層(特にIP) のルーティング技術と第2層(例えば ATM(非同期転送方式))の高速スイッチング技術を統合したもので、 さらに、転送トラヒックのサービス品質(Quality of Service,QoS) 制御能力を併せ持っており、 現存のルータでは成し得なかった サービス品質の保証と高速転送が可能となっている。 MPLSでは、 始点・終点IPアドレス等のレイヤ3情報を ATMのVPI/VCI等のレイヤ2情報(ラベル)にマッピングすることにより、 従来のルータで行われていたパケット毎の蓄積交換処理を軽減した 高速転送が可能となる。 これをカットスルー転送と呼び、 これまでその効果については実証されている。 しかし、MPLSにおけるQoS制御に関する詳細な評価は、 緒に就いたばかりで明らかにされていない。 本研究では、音声や動画像などの実時間トラヒックとWebや テキストデータなどの非実時間トラヒックがMPLSネットワークにおいて 転送される環境を仮定し、 実/非実時間トラヒックへの伝送帯域割当を変化させ、 特に、遅延要求の厳しい実時間トラヒックを優先的にカットスルー転送することで、 QoS性能(実時間トラヒックに関しては遅延特性、 非実時間トラヒックに関してはスループット特性)を評価し、 効果的な伝送帯域の割当方式について考察する。
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.