大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


QoS経路の動的再配置手法に関する研究
著者
  渋谷 健二
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  利用者が必要とするQoS経路を設定する場合, 一旦設定された経路であっても網の状態に 適宜対応して適切な経路へと再配置し直すことが有効な場合がある. 本論文では新しい呼がノードに到着し, その呼が要求するQoS経路が生成できなかった場合に, 網内にある既存の呼の経路を再配置することによって 新しい呼のための経路を生成する手法について検討する. 計算機によるシミュレーションの結果, 新規に到着した呼が呼損となる状況を回避するために, 既存の呼を再配置することの有効性が確認できた. その際に再配置対象となる呼を選択する方法として, 迂回率の高い呼から再配置が可能であるかを試していけば 再配置後の経路の短縮数を大きくし網を効率的に利用できることが わかった. 再配置試行回数は計算時間に大きく影響するため, 網に要求される性能と経路計算サーバの性能,網の規模等を考慮して 適切な値に設定する必要がある.
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.