大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


広域ネットワークにおけるMPLSの適応性に関する研究(概要)
著者
  東谷口敦子
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科、卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  現在、TCP/IPにおけるルーティング技術と ATMにおける高速転送技術を統合する方法の1つとして、 MPLS(Multi-Protocol Label Switching)が提案されている。 これは、Layer 3 プロトコルの拡張性と、Layer 2 プロトコルの 高速性・QoS(Quality of Service)制御実現等の両者の利点を併せ持つ。 MPLSではLayer 3情報をLayer 2情報にマッピングすることにより、 従来のインターネットのボトルネックであった 各ノードでの経路検索処理・ルーティング処理を軽減し、 Layer 2のハードウェアによる高速転送を可能としている。 これをカットスルー転送と呼ぶ。 この技術により高スループット・低遅延を実現できる。 カットスルー転送を行うには、VC(Virtual Channel)を 設定しなくてはならない。 設定方式にはパケットが到着してからVCを設定するフロー駆動、 経路情報等を基に予めVCを設定するトポロジー駆動方式の2種類がある。 本研究では、MPLSの機能を実装したLSR(Label Switching Router)を2段接続した ネットワークを仮定し、ネットワーク規模に応じて 駆動方式を組み合わせて転送処理を行う場合の性能評価を行う。 この時、フロー生成遅延、LSR間の距離に注目し、 カットスルー率、転送遅延等の影響をシミュレーションを用いて明らかにし、 MPLSネットワークの構築方法について考察する。
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.