大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


QoSネットワークにおけるパケットマーキングに関する研究
著者
  藤本 慎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  近年, インターネットの急速な普及に伴い動画像転送や音声通信等, 利用者の要 求も高度化,多様化している. これらの要求を満たすには従来のインターネット の機構のみでは困難であり, サービス品質を制御する為の新たな仕組みが必要 となってきている. そこで新たなサービス品質を制御する機構としてDiffServ(Differentialted Service)が提案された. DiffServはサービスクラスに応じた識別子(DSCP)をパ ケットに付与し, ネットワークにあるルータにおいては, この識別子に従ってパ ケットを取り扱う事によって, クラス別の品質制御を実現しようとするもので ある. また, Diffservにおける一つのサービスクラスの中で, 統計的帯域割当を 実現する為の待ち行列機構としてRIO(RED with In/Out bit)が提案されている. この機構を用いた研究としてはこれまでに一つのRIOキューを経由するネット ワークモデルに関しては報告されている. しかし, 実際のネットワークでは複数 のルータを経由する. この様な場合について帯域割当機構が働くかという事に 関してはまだ明らかにされていない. そこで本研究ではTCPデータが複数のRIO キューを経由するような場合についてパケットマーキングの仕方を変更して, シミュレーションにより評価を行い, 最低帯域保証に関して調査する.
 
キーワード
  Diffserv
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.