大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


携帯型通信計算機における通信インターフェースの自動選択技術に関する研究
著者
  比良木 貴志
 
雑誌名/会議名
  修士論文,奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 1997 年 3 月
 
アブストラクト
  近年無線サービスは多様化しつつため、将来的にはネットワーク環境の非常に大きな要素になると考えられる。そこで、無線や有線リンクなどを有効に活用して、ネットワークへの接続を維持することが重要になる。 本研究では、利用可能な通信インタフェースの動的な切替えにより、移動しながらネットワークへ継続的に接続する機構を設計、実装した。 この機構では、インタフェースの切替えを通信単位で行なうため、アプリケーションごとに最も効率の良いネットワークへ、任意の時点で切替えることができる。通常のルーティングテーブルに変更を加えないことから導入が容易であり、しかも非常に高速な切替えが可能である。 今回の発表では、上記設計および実装に関する報告を行なう。 さらに、ネットワークの状態変化を定期的に検出し、アプリケーションの要求に応じてインタフェースの操作を行なう通信管理機構について考察し、これら二つの機構により、利用者にネットワーク環境の変化を意識させないような移動が可能であることを示す。
 
キーワード
  Mobile
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.