大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ATM網における選択セル廃棄方式の特性について
著者
  北島 功一郎,川原 憲治,滝根 哲也,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  信学技報,IN95-6 1995 年 5 月
 
アブストラクト
  ATM網を運用するにあたり,その上位層としてTCPを用いてパケット通信を行なう場合, セルの廃棄はそれが属するパケットの廃棄となり,受信側はパケットの再送を要求する.従って, 一旦セルが廃棄されると,それ以降のセルを中継ノードで強制的に廃棄するTail Dropping(TD) 方式や,パケットの先頭セルが中継ノードに到着した際,バッファの占有状態に応じて,そのパ ケットの受け入れを判断するEarly Packet Discarding(EPD)方式等の選択セル廃棄方式を用いる ことによって,網資源を効率的に利用できると考えられる.本研究では,TD方式とEPD方式に着目し, パケット廃棄率を解析的に導出して,選択セル廃棄方式の有効性について検討する.
 
キーワード
  ATM
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.