大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


MPLS網における共有帯域割当方式の性能評価に関する研究
著者
  三小田 剛
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットの急成長,実時間通信の要求に伴い,トラヒックの高速通信お よびQoS(Quality of Service)要求をサポートする技術として MPLS(Multi-Protocol Label Switching)が提案され,標準化が進められている. これはレイヤ3のルーティング技術とレイヤ2の高速スイッチングを統合するも のである. このMPLSネットワークにおいてIPデータグラムを高速に転送するために,MPLS 技術を実装するLSR(Label Switching Router)は到着するIPフローをATMの VCI(Virtual Circuit Identifier)のようなレイヤ2スイッチの固定長ラベルに 対応づけ,そのラベル情報を基にパケットを転送する.またラベル情報は他の LSRに配送され,Ingress LSRとEgress LSRの間に仮想回線であるLSP(Label Switched Path)を確立する.このラベルマッピング方式には,大きくわけてデー タ到着を契機にするデータ駆動方式と経路表によって予めパスを形成するコン トロール駆動方式の2種類がある. 本研究では,データ駆動方式のLSR間距離によるパス設定遅延の影響の抑制, およびコントロール駆動方式の全体的な帯域利用率の改善を目的として,帯域 の利用状況に応じて両駆動方式を適宜組み合わせる新たな方式を提案し,その 性能をカットスルー率,転送遅延を性能指標としてシミュレーションを用いて 評価,考察する.
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.