大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


QoS制御可能なネットワークの構築と性能評価
著者
  加来 伸一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  現在,インターネットではQoS(Quality of service)の実現手段の一つとして様々なキューイング機構が提案,研究 され,それぞれ成果を挙げている.しかし,実際にインターネットで用いられているキューイング機構は,主に FIFO (First-In First-Out)のみである.新たなキューイング気候が提案,研究されているのに依然として FIFO が用いられているのは,様々なキューイング機構を実装するためのフレームワークがないためである.そのため実装にはカーネル内部のキューイング機構を変更するたびにそれらをキューイング機構に合わせて変更しなければならないという問題がある.  このような問題を解決するため,ALTQ(Alternate Queuing)が開発された.ALTQ とはソニーコンピュータサイエ ンス研究所の長 健二郎氏が研究,設計した様々なキューイング機構を持つ,代替キューイング機構である.本研究では QoS 制御可能なネットワークの構築するために BSD UNIX 上で ALTQ を実装し,ALTQ に組み込まれているキューイング機構の評価を行う.
 
キーワード
  Diffserv, QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.