大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


サーバ型QoS経路制御における受付遅延の効果について
著者
  磯崎 義記
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  近年インターネットにおいて動画像や音声といった実時間通信を送ろうとしているが, このような通信を行なうためには,通信サービス品質(QoS : Quality of Service)を 保証しなければならない. QoSトラヒックに対する制御手法として,単一ドメイン内の呼受付および経路決定を 一つのサーバが集中して行なうサーバ型制御がある. このQoS制御サーバで新規に発生する呼の経路設定を行なうことを考える場合, ユーザの要求が集中したような場合にはユーザが要求するQoS経路を確保できない状態となり, 呼損が発生する. 本研究では受付を拒否せず可能な限り呼の接続要求を受け入れるために, 呼の要求を受け入れることが出来なかった場合には要求を受け入れることが出来るまで 可能な限り待たせる要求受付手法を検討する. 呼の許容待ち時間が無限であれば,全ての呼を受け入れることができるが, その時に必要な呼要求を待たせる時間と待ち合わせをしている呼を管理する バッファの大きさを調査し,待ち時間と管理領域に制限を加えた場合での効果を 計算機によるシミュレーションで調査した. その結果,サーバで呼要求を待たせることで呼損率の改善ができることがわかった.
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.