大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCPとUDPの相互作用を緩和するためのバッファ管理手法
著者
  山根 健治
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2001 年 3 月 2001 年 3 月
 
アブストラクト
  インターネットの爆発的な普及と共に, 実時間通信も急速に広まりつつある. しかし,現在のインターネットではBest Effort サービス のみを 提供しており,このようなネットワークでは実時間通信に要求される サービスの品質 (QoS:Quality of Service)を確保することが難しい. そこでこの問題を解決するために,異なるサービス品質を提供する機構とし て,Diffserv(Differentiated services) が提案された.これは DSCP(Differentiated Service Code Point)を定義し, それぞれのルータでDSCPに応じ,パケットを取り扱う 手法である. Diffservの標準化を進めているIETF(Internet Engineering Task Force) のDiffserv ワーキンググループ においては, EF PHB(Expedited Forwording Per Hop Behavior),AF PHB(Assured Forwording Per Hop Behavior)が標準化され,それらの応用として, 前者は仮想専用線サービス,後者は帯域割り当てサービスが 考えられている. 本研究では,DiffservのAF-PHBのようにパケット廃棄確率による 優先処理だけによらず, 単一の待ち行列でHead-of-the-Line priority queueing をもちいて UDPパケットを優先処理することにより TCPとUDPの相互作用を緩和するバッファ管理手法を提案する. また,ボトルネックリンクの帯域幅を変化させた場合における UDPパケットの遅延特性,UDP パケットの廃棄率,およびTCPフローのスループット等を 性能指標として評価することにより, 提案したバッファ管理手法の有効性を検討する.
 
キーワード
  Diffserv, Multicast
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.