大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


MPLSのQoS制御における廃棄率特性の評価に関する研究
著者
  松本 若菜
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2001 年 3 月
 
アブストラクト
  現在、インターネットにおけるデータ転送の高速化を図る技術として、 MPLS(Multi-Protocol Label Switching)が注目されている。 これは、レイヤ2スイッチングとレイヤ3ルーティングを統合する方式であり、 転送トラヒックのサービス品質(Quality of Service,QoS)制御能力を併せ持っ ており、現存のルータでは成し得なかった各トラヒックのサービス品質の保証 と高速転送が可能となっている。 MPLSでは、始点・終点IPアドレス等のレイヤ3情報をレイヤ2情報(ラベル)にマッ ピングすることにより、従来のルータで行われていたパケット毎の蓄積交換処 理を軽減した高速転送が可能となる。これをカットスルー転送と呼ぶ。 これまでMPLS網を構成するLSR(Label Switching Router)において、音声や動 画などの実時間トラヒック転送時の遅延特性を評価することで高速に処理可 能であることを示してきた。しかし、webやテキストデータなどの非実時間ト ラヒックも同時に収容する場合、加えてその廃棄率特性について も評価し、両者の要求するQoSを提供する必要がある。 本研究では、実時間トラヒックと非実時間トラヒックがMPLSネットワークにおいて 転送される環境を仮定し、実/非実時間トラヒックへの伝送帯域割当およびレ イヤ3におけるバッファサイズが、QoS性能(非実時間トラヒックにおけるパケッ ト廃棄率、実時間トラヒックにおける平均遅延時間)に及ぼす影響をシミュレー ションにより評価し、効果的な帯域割当方式、バッファ設計方式について考察 する。
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.