大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Active Measurementにおけるプローブパケットの影響に関する研究
著者
  松本 佳子
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおいて、多様なトラヒックが要求するサービス品質(Quality of Service,QoS)を満たすために、ネットワーク性能の計測は重要である。その方法としてパッシブ計測(Passive Measurement)とアクティブ計測(Active Measurement)が挙げられる。 アクティブ計測では、プローブをネットワークに送信し、プローブの被る遅延や損失率により通信路もしくは中継ルータの状態を推定する。しかし、注入するプローブ量が少ないと損失した場合に推定できず、また、統計処理を行うためにその量を多くすると計測系をかく乱することになる。したがって、計測精度とプローブパケット量はトレードオフの関係にあるため、最適な注入量および注入方法を検討することが重要となる。 本研究では、プローブパケットが被計測ネットワークに及ぼす影響をシミュレーションによって定量的に明らかにし、計測量の精度の評価を行う。さらに、プローブパケットの注入方式を検討することにより、注入量と計測精度の改善を図る。
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.