大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


サーバ型QoS経路制御におけるトラヒック分散手法に関する研究
著者
  大石夕紀子
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  QoSを保証した経路制御を行なう場合,リンク利用率 用いて,ネットワークの各リンクの状態を 考慮する事でネットワークリソースを効率的に使い, 呼損を減らす事ができる. ある呼の目的地までの経路上に,空き帯域が0であるリンクが存在する場合 にはその呼は呼損となる.これを防ぐ為, 輻輳して空き帯域が0になりそうなリンクを避け,遠回り するような経路制御を行ない,呼損率の減少を検討する. 本論文ではリンク利用率に加え輻輳リンクを判断するための値,しきい値を 用いてリンクの帯域が0とならないような 経路制御を行ない,呼損率を減少させる手法について検討する. 計算機によるシミュレーションの結果, しきい値を用いた経路制御では呼損率の減少が確認できた. しかし,利用率としきい値を組み合わせた場合は大きな 呼損率の減少は確認できなかった. 利用率を用いた経路制御を行なうネットワークでは, できるだけ最小ホップ数で目的地までの経路を選択する ことが良い.また,呼損は帯域が0であるリンクが 1〜2本であるような場合に時々起こるというより, 数本のリンクが同時に0になる場合に連続して起こる事が原因で増加する事がわかった.
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.