大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


カットスルー駆動方式の異なるLayer3スイッチの性能比較
著者
  中澤 省吾,川原 憲治,山口 英,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  信学技報,IN98-152, pp.85-92 1999 年 1 月
 
アブストラクト
  カットスルー技術によってIPデータグラムの高速転送を行なうLayer3スイッチには、Layer2におけるカットスルーパス設定方式の違いから、IPフロー駆動型とトポロジー駆動型の2種類が存在する。 本研究では、IPフローと各フローを構成するデータグラムの発生モデルを2状態のIBPでモデル化、フロー駆動型とトポロジー駆動型のLayer3スイッチを待ち行列理論を用いて解析的に性能指標を導出し、各トラヒックパラメータによる影響を定量的に示し、その特性を比較する。
 
キーワード
  , , , , , , MPLS, , , ,
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.