大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Diffservにおける統計的帯域割当機構
著者
  常弘 敦
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  近年インターネットにおいて多様なサービスを実現し,品質を保証することが求められて おり,サービスを区別化して品質を保証するDiffServ(Differentialted Service)の実現 が期待されている.DiffServではパケットにマーキングを実施し,そのマークに対して異 なる処理を実施することにより,サービスの区別化を実現する.現在,サービスのクラス としては最優先クラスと帯域保証クラスが存在する. D.Clarkらは,帯域保証クラスにおいて,RIO(RED with In/Out bit)と呼ばれるキュー及 びパケットにマーキングする機構を用いることにより,TCPフローに対してもレートを制 御し,統計的帯域割当を実現できるとしている. 本論文では,この機構を集約したTCPフローに対して適用した際の効果について計算機シ ミュレーションを実施し調査した.その結果,集約するフロー数,目標とするレート,RT Tが変化した場合でも,集約されたTCPフローに対して統計的帯域割当機構が実現できるこ とを確認した.また,集約されたTCPフローを追加した場合や集約するフロー数を変化さ せた場合の過渡特性についても調べ,過渡特性が良くなるパラメーターについて調査した .
 
キーワード
  Diffserv
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.