大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高速ネットワークにおけるTCPの公平性について
著者
  山下 宏幸
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 1998 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットは同一の伝送路を複数の送受信者が共有して利用している. そ こで用いられる通信方式は, 主にTCP(Transmission Control Protocol)と呼ば れるトランスポートプロトコルである. TCPはフロー制御, 輻輳制 御を行い, 1対の送信者と受信者の間に誤りなく情報を伝送するための機構を 提供する. TCPを用い, あるリンクをn対の送受信者が同時に共有する場合, それぞれが 公平に, ボトルネックとなるリンクの容量の1/nずつ使えることが望ましい. 中継ルータにおいてパケットが廃棄されると, タイムアウトによる再送が起こ る. 再送が生じる場合のスループット特性はTCPの再送タイマの粒度に依存し, その値はネットワークが高速になるにつれて, パケットのRTT(Round Trip Time)と比較して大きくなるため, スループット特性は劣化し, 公平性に 悪影響を及ぼす. 本研究では, タイムアウトが起こるような輻輳状態におけるTCPの挙動に関し て着目し, タイムアウト後の再送パケット送出アルゴリズムの改良による特性 をシミュレーションによって評価し, 総スループットおよび各TCPフローの公 平性について考察する.
 
キーワード
  Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.