大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


QoSネットワークにおけるTCPの性能に関する研究
著者
  古閑 宏幸
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  現在のインターネットは,主に電子メールやWWW(World Wide Web)など非実時 間通信で広く利用されている.それらで用いられる通信方式は,従来より TCP(Transmission Control Protocol)と呼ばれるトランスポートプロトコルで ある.TCPは,フロー制御および輻輳制御を行い,1対の送受信者の間に誤りな く情報を伝送する機構を提供する. 一方近年,オーディオ・ビデオ等の実時間通信もインターネット上で実現した いという要求が高まってきている.このため,将来のインターネットとしては, 新しい実時間通信と従来の非実時間通信とが混在する環境の構築が望まれてい る.しかし,現在のインターネットでは良好な実時間通信を提供する機構は備 えられておらず,実時間通信を提供するためには,実時間通信を優先的にサー ビスするQoS(Quality of Service)制御が必要となる. このようなQoS制御ネットワークでは,非実時間通信トラヒックと実時間通信 トラヒックは相互に影響を与えあう.実時間通信トラヒックの特性の評価およ び良好な実時間通信を実現するための機構に関する研究は多く行われているが, 逆に良好な実時間通信を実現することによって非実時間通信が受ける影響につ いてはほとんど調査されていない. 本研究では,実時間通信と非実時間通信が混在するネットワークにおいて,非 実時間通信に用いられるTCPが実時間通信によってどのような影響を受けるか を調査し,そのような状況に適したTCPについて明らかにする.TCPのフロー制 御が実時間通信による影響に適応することができるかという問題に着目し,シ ミュレーション評価を行い,総スループット特性および各TCPフローの公平性 について考察する.
 
キーワード
  Diffserv, Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.