大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


多段接続時におけるIP Switching方式の性能評価に関する研究(概要)
著者
  三小田 剛
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 1999 年 2 月
 
アブストラクト
  現在、データ通信方式の標準プロトコルであるTCP/IPにおけるルー ティング技術と 高速転送技術のATM(非同期転送方式)を統合する方法として、 IP Switchingが提案されている。この方式は、 既存のIPルーティング処理とATMの高速性・QoS保証の統合を可能とする。 具体的に、IP Switching方式とは、 IPデータグラムをATMセル化し、ATMスイッチを用いて高速転送を行 う技術である。その際、始点、終点アドレス等の レイヤ3情報をATMのVPI/VCI(ラベル)にマッピングすることによって、 従来のようにIP層においてソフトウェアによりルーティング 処理を行うことなく、 ATM層において直接ハードウェアで高速に転送することが出来る。 これをカットスルー転送と呼ぶ。 このカットスルー技術を用いることにより、 高速転送のボトルネックであったルータの 経路検索処理を軽減できる。さらにセルのままハードウェアによって高速に 転送可能となり、低遅延・高スループットを実現できる。 本研究では、レイヤ3スイッチを多段に接続したネットワークを仮定し、 フロー生成遅延(FCD)やフロー消滅遅延(FDD)、さらに多段接続の 場合にはスイッチ間の伝搬遅延に注目し、カットスルー率、転送遅延等の 性能への影響をシミュレーションを用いて評価し、考察する。
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.