大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


インターネットにおける通信品質計測のための遅延特性の解析
著者
  領木 信雄
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻 修士学位論文 2001 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおけるユーザの関心は 「可用性(availability)」から「サービス品質(QoS, Quality of Service)の保証」 へと遷移している. トラヒックを区別化し QoS保証を実現する 機構が研究開発されるとともに, その機構を適用したネットワークにおいて 設計者の意図したような区別化が 正しく出来ているのかを調査するための 計測技術に注目が集まってきている. 従来のpassive計測手法ではインターネット内の各ルータから個別に 計測量を収集,判定するが,通常隣接するルータ間の計測量には 相関があるものと考えられるため,計測精度を高めるにはそれを考慮する 必要がある. そこで本研究では計測量として「遅延」に 着目し,隣接ルータ間の遅延の相関度について ネットワークシミュレータnsを用いたシミュレーションと トラヒックを2状態のMMBP(マルコフ変調ベルヌーイ過程)でモデル化した 場合の理論解析の双方から 明らかにする.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.