大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク内部リンクにおけるパケットロス率推定のための計測手法に関する研究
著者
  廣野 香織
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットは急速な成長を続け,社会や経済のインフラストラクチャ とみなされるようになった. その結果,急速にトラヒックが増加し,ネットワーク内部の輻輳による品質低 下が生じるようになった.そのため現在,通信品質の保証が重要視されるよう になってきた.品質を保証するためには,ネットワーク内部状態を知る必要が ある.ところがインターネットの広域性と管理の分散から内部状態を直接計測 することが困難である.そのため,エンドツーエンドの計測データから直接推 定できないネットワーク内部の状態を推定する手法が研究されている. 推定手法の一つとして,木構造パストポロジにおいて始点から2つの終点へユニ キャストの試験パケットを送出し,エンドツーエンドの計測データから各リン ク上のパケットロス率を推定する手法が提案されている. 本研究では,実ネットワーク上で計測を行い,得られたデータを用いて推定を 行う.そして推定手法の信頼性や精度,安定性の検証を行う. 実験ネットワークを構成し,実際にパケットロスを検出した上で,この提案手 法で推定したパケットロス率と実際のパケットロス率とを比較し,提案手法の 正確さを様々な方面から調査する. そこから,この推定手法の適用範囲,適用条件および良好な推定を行うための 条件を考察する. その結果,平均間隔0.05秒の固定間隔で送出する場合を除けば,試験パケッ トの種類によらず,誤差1%以下の推定が可能であることがわかった.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.