大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Traffic Engineeringのためのフロー再配置の効果について
著者
  樋田 博信
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  現在インターネットではトラヒック量が爆発的に増え続けており,ネットワーク 資源の有効利用が必要となっている.現在利用されている経 路制御方法では,ソースノードとデスティネーションノードにより, トラヒックの経路が一意に決まるため,ネットワーク内の負荷バラン スに偏りが起きやすく,通信に悪影響を生じやすいことが問題となっている. このようなネットワーク資源が有効に利用できない状況が生じた場合, ISP(Internet Service Provider)はネットワーク資源を有効に利用するためにト ラヒックフローを制御する必要が生じる. 本研究では,トラヒックフローの制御方法としてネットワーク内のリンクの負荷を平滑化するためのフロー再配置アルゴリズムを考案する. シミュレーションを行った結果,本研究で提案したフロー再配置方法を用いることで最大リ ンク利用率が下がり,ネットワーク内の負荷を平滑化できることが確認できた.
 
キーワード
  MPLS, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.