大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


MPLS網の負荷分散における利用帯域情報の影響調査に関する研究
著者
  高橋 かおり
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  現在のインターネットでは,電子メールなどの非実時間通信に加え,音声通信などの実時間通信も増加しており,要求品質の異なるトラヒックが混在している.よって,多様なトラヒックの要求サービス品質(QoS:Quality of Service)の保証が必要である. 現在のルーティングプロトコルでは,経路選択の指標(メトリック)にホップ数が採用されているため,各リンクの利用情報が考慮されず,あるリンクに輻輳が発生し,結果としてQoSの提供が困難となっている. そこで,対象とするネットワーク内の資源利用率やトラヒック性能の向上を目的とした,トラヒックエンジニアリングが注目されており,その実現のためにMPLS(Multi-Protocol Label Switching)技術を利用することが提案されている. そこで,本研究では,MPLS-TE網における負荷分散の効果について計算機シミュレーションを用いて調査し,リンクの利用状況と経路設定方法の関係や,迂回先LSRからの情報の遅延の影響などについて明らかにする.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.