大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


インターネットにおける片道パケットロス特性計測ツールの開発
著者
  金子 聖司
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及と発展に伴い、通信におけるサービス品質(QoS :Quality of Service) の保証が求め られるようになってきた。そのサービス品質が満たされているかどうかを確認するために、パケットロスや遅延などの ネットワーク特性の計測が必要になってきている。一般に、ユーザ側で利用できる計測ツールで普及しているものは、 ほとんどがエンドツーエンドでの往復パスの特性を計測するものである。しかし、最近のアプリケーションには片道パ スの特性に敏感なものが多く、片道パスやそのリンクの特性を計測する必要が生じてきた。しかし、それらをユーザ側 で直接的に計測することは困難であるため、直接計測できる他のデータから特性を推定する手法が重要なものになる。 そこで本研究では、木構造パスに沿って2個のパケットを連続的に送信した時のエンドツーエンドのパケットロスを観 測し、それに基づき、途中のリンクのパケットロス率を推定するという手法を応用して、任意のサーバとクライアント との間の行き及び帰りの片道パケットロス率を推定するツールを開発する。 さらに、開発したツールを用いて、インターネット上のあるノードとの間の片道パケットロス率を推定し、その推定値 と片道パケットロス率の実測値とを比較して、その有効性を確かめる実験を行った。 その結果、片道パケットロス率を平均1%、最大3%以内の誤差で推定できた。
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.