大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Passive計測推定帯域のQoS経路制御特性に及ぼす影響調査に関する研究
著者
  水津 裕樹
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおけるマルチメディア通信に伴い,各トラヒックのサービス品質(Quality of Service,QoS)の保証が要求されるようになった.しかし,従来の経路制御プロトコルであるRIP(Routing Information Protocol),OSPF(Open Shortest Path First)では経路選択基準(メトリック)にホップ数を用いるため,特定のリンクで輻輳が生じる可能性があり,フロー毎のQoS要求を満たすことは困難である.そこで,リンクの利用状態をメトリックとする経路制御プロトコルとしてQOSPF(QoS Extentions to OSPF)が提案されている.QOSPFでは,各ルータは相互にリンク利用帯域を定期的に交換し,それをもとにフローの受付を判断する.しかし,更新された情報のみで判断するため不正確さが生じ,性能が劣化する恐れがある.そこで本研究では,過去の更新情報の移動平均などによる帯域推定を行い,推定方法がQOSPFにおける経路制御特性に及ぼす影響についてシミュレーションを用いて定量的に明らかにする.
 
キーワード
  QoS routing, Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.