大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Extended OSPF によるトラヒックエンジニアリングの効果と問題点
著者
  木戸 憲明
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  近年インターネットユーザの増加にともない、網資源を有効に利用するための経路制御が必要とされている。時事刻々と変わるネットワークにおけるリンクの使用状況を把握することで、ある特定のリンクだけにトラヒックが集中するという状況を避けることができる。ネットワークでのトラヒックの流れを制御することにより、ネットワークの信頼性や、経路制御における最適性を向上させることができる。これを可能とする技術としてTE(Traffic Engineering)がある。本論文では、各リンクのトラヒック量を調べることによって、リンクの残余帯域を求め、これをコストに変換し、経路制御に用いることで、TEを実現することを目的とする。 今回研究で使用する経路制御プロトコルは、リンクステート型ルーティングプロトコルとして広く利用されているOSPF(Open Shortest Path First)である。OSPFは静的なコストを使用しているため、リンクの利用状況の変化には対応できない。 そこで本研究では、リンクの利用率を基にリンクコストを動的に計算することによってネットワーク資源を有効に利用する手法を提案する。さらに、計算機シミュレーションによって、性能評価を行い、提案手法の有効性を検証するとともに、リンクコストが動的に変化することの影響について調査する。
 
キーワード
  QoS routing, Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.