大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ADRを利用したネットワーク可用帯域推定方法の精度調査に関する研究
著者
  石井 純
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットでは、最低伝送帯域などの通信サービス品質(Quality of Service,QoS)要求の異なる多数のトラヒックが転送されており、個々の要求を満たすためには、QoS制御によりネットワークの入口ルータに到着したトラヒックの受け入れを判断する必要がある。そのために、各ルータはネットワークの利用状況を把握しなければならない。 その一方法として、probeパケットと呼ばれるパケットを注入し、その転送遅延からネットワーク状況を推定するActive計測があり、ある経路における利用可能(可用)な帯域を推定する実装としてpathrateがあ る。pathrateでは、複数のprobeパケットで構成されるpacket trainの転送時間から得られるADR(Asymptotic Dispersion Rate)を利用して推定を行う。 しかし、利用帯域の変動による精度や適用可能性に ついて十分に検証されていない。 そこで、本研究では、その検証のため、ns(network simulator)によるシミュ レーション実験を行い、probe数や転送トラヒックが推定精度に及ぼす影響に ついて調査を行う。
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.