大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


集約されたTCPトラヒックの最低帯域保証
著者
  堀 良彰,常弘 敦,池永 全志,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, CS99-156, CQ99-79, pp.49-54 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  今日インターネットには多様な品質を実現するサービスが要求され ており、区別化サービス(diffserv)の実現が期待されている。 D. Clark らは、この枠組上でRIO(RED with In/Out)キュー及びマ ーキングの機構を用いることにより、TCPフローのレートを制御し、 統計的帯域割当を実現できるとしている。本論文では、この機構を 集約されたTCPフローに対して適用した際の効果に関して計算機シ ミュレーションを用いて調査した。その結果、ターゲットレート、 RTT、集約度が変化した場合であっても、集約されたTCPフローに対 して統計的帯域割当が実現できることを確認した。
 
キーワード
  Diffserv, QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.