大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Wireless LANにおけるPeer-to-Peer通信を考慮した通信機構の提案
著者
  千草 かおり
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部電子情報工学科, 卒業論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,従来のWeb閲覧,電子メールなどの非実時間トラヒックに加え,ストリーミングやTV電話などの時間に制約のある実時間トラヒックが増加している.またトラヒックの種類の変化に伴い,に示すようにインターネット上の通信モデルも変化している.従来はメールやWebを閲覧する際などのクライアント・サーバ通信が主であったが,近年サーバがなくてもお互いの端末同士が直接通信を行うP2P(Peer-to-Peer)通信が増加の傾向にある. また近年,駅,空港,カフェなどの’’無線スポット’’において高速なインターネット接続サービスを提供するのに使用されている無線LANが注目を集めている.この無線LANが注目を集めている理由としては,その通信速度や場所の制約が小さいこと、屋外で接続可能なことなどが挙げられる. 本研究では無線LANに接続するSTAが従来のクライアント・サーバ通信だけでなく,将来増加が予想されるP2P通信を行う場合について調査する.特にこれまで注目されていなかった無線LANに属するSTAがデータの発信者となることにより,上り方向のトラヒックが増した場合の無線LANの挙動に注目する.また調査の結果をもとに無線LANにおいて多様な通信を円滑に行うための機構を提案し,シミュレーションによりその有効性を示す.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.