大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


RIOにおけるパケット廃棄戦略改善によるTCPの性能向上について
著者
  後藤 雅典
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  現在のインターネットでは,信頼性ある通信を実現するトランスポートプロトコルとしてTCPが広く 利用されている.TCPはウィンドウ制御と呼ばれるデータ転送機構を用いて,送受信端末であるエンド ホスト間における伝送レートを調整しながらデータを転送する.しかし,エンドホストによる輻輳制 御機構だけではネットワークの輻輳状況を正確に把握できないため,輻輳の早期検出,および公平な ネットワークの帯域割当を行うことは困難である. そこで,ネットワーク内のルータにおいても輻輳制御を行うことで,より効果的にネットワーク資 源を利用することが可能であると考えられる.このような輻輳制御機構をAQM(Active Queue Management)と呼 ぶ.そのAQMの一つとして,RIO(Random Early Detection with IN/OUT bit)が提案されている.RIOは事前に決めら れた伝送レートに応じて到着パケットを二種類に分類し,それぞれのパケットに対して異なった取り 扱いを行うことにより統計的帯域割当を実現する方式である.このRIOを効果的に動作させるためには 各種の制御パラメータを適切に設定する必要がある.しかし,ネットワーク環境は動的に変化するの で,RIOの制御パラメータを固定的に設定するだけではネットワーク資源を効率的に利用することは困 難である. そこで本研究では,RIOの制御パラメータを自動調整するアルゴリズムを提案し,シミュレーション 実験により,その有効性を調査する.
 
キーワード
  Diffserv
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.