大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


インターネット多地点計測システムの開発と複数特性間の相関の調査
著者
  吉岡 寿明
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおいて,効率の良い輻輳制御やパス選択を行うためには,ネットワーク内部のトラヒック状態や,エンドツーエンドパスの通信特性を把握することが重要である.この特性を把握する手法に,計測PCからネットワークにパケットを送信して,その挙動を計測,解析して特性を調べるアクティブ計測がある.これまでに,広域多地点に計測PCを配置し,アクティブ計測によって多様なパスのエンドツーエンド特性を調査する研究が行われている.この研究成果は欧米を中心に数多く報告されているが,それらは,特性の時間変化に着目しており,特性間の相関についてはあまり調査されていない. そこで本研究では,同じパスにおいて異なる複数の特性を同時に測定し,それらの相関について調査する.各特性の間に相関があれば,計測負荷の小さい特性から計測負荷の大きい特性を推定することができる.また,ある特性の真値が別の方法でわかっている場合に,その計測誤差と他の特性との間に相関があれば,特性計測値の精度を他の特性計測値から判断することも可能となる. 本稿では,相関調査のための多地点計測システムの開発と,計測における諸問題についての検討を行い,さらにインターネット上で行った計測実験の結果を報告する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.