大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


パケット連続転送方式を用いたパケット損失率推定実験に関する研究
著者
  梶谷 匡孝
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のインターネットの発展に伴い,Webなどのトラヒックに加えて音声通信や動画配信などのリアルタイム性の高いトラヒックも増加してきた.このようなリアルタイムトラヒックを効率良く転送するために,ネットワークはユーザが要求するパケットロス率,転送遅延や転送帯域などのサービス品質(Quality of Service, QoS) を保証しなければならない.そのため,ユーザとネットワークプロバイダ間で品質保証契約(Service Level Agreement, SLA)が取り交わされるが,その履行および確認のためには,QoS計測手法を確立する必要がある. ネットワーク特性計測手法の一つであるActive計測では,計測対象ネットワークに計測用(プローブ)パケットを送出し,その転送状態から着目するQoSを統計的に推定する.これまでにパケット損失率を推定する手法としてプローブパケット連続転送方式が提案され,理論的に推定精度が示されているが,実際のネットワーク環境における有効性は明らかにされていない. そこで,本研究では実際のネットワーク環境においてプローブパケット連続転送方式を実現するツールを開発し,実測データから本方式の有効性について調査する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.