大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


モバイル環境における通信媒体切替を考慮したTCPの提案とその効果
著者
  塚本 和也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2003 年 2 月 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  近年インターネットは急速に発達し,従来の固定端末によるインターネットへの 接続に加えて,「いつでも」「どこでも」インターネットに接続したいという 要求が高まってきた.この要求の高まりに伴い,携帯電話や無線LANなどの様々な 特性の異なる無線インターネット接続技術が注目され,現在新しい技術の研究・ 開発が急速に進んでいる. この無線インターネット技術が普及することによって, 将来の移動端末通信は,通信速度やサービスの提供範囲などが異なる多様な無線イ ンターネット接続技術を,状況に応じて使い分けるマルチモーダル通信になると 考えられる.しかし,現在のインターネット通信の大部分を占めるTCP通信では, 通信媒体の切替に伴い,IPアドレスが変化すると通信が切断されてしまう.この 問題を解決するためにMobile IPやTCPコネクション継続機構などの通信継続に関 する多数のモビリティ管理機構が提案されているが,これらの機構は通信媒体切替時 の通信継続のみを目標としており,TCPの効率的な通信再開に関しては全く考慮されて いない.そこで本研究では, 移動端末がマルチモーダル通信を行っている状況を前提に, 通信媒体の切替がTCP通信に与える影響を調査し,この影響を最小限に抑えるため に,通信媒体切替を考慮した効率的なTCPフロー制御手法を新たに提案する.さ らに,提案手法の有効性をシミュレーション実験によって示す.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.