大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Active計測におけるパケット損失率推定方式の提案とその評価に関する研究
著者
  松本 佳子
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、インターネットは多種多様のトラヒックのサービス品質(Quality of Service,QoS)の保証を求められている。そのため、QoS保証を実現するための様々な機構が研究・開発されているが、その実装においては、事前にネットワーク内の状態を予測、また、QoS保証を確認するための計測技術が重要となる。その一手法であるActive計測(Active Measurement)では、計測用パケット(probe packet)を送出し、その転送状態から、パケット損失や遅延、帯域等の測定対象を統計的に推定する。そのため、推定精度を高めるには注入プローブ量の増量が必須であるが、過剰なプローブの注入は測定対象ネットワークの状態をかく乱し、反対に精度の悪化を招く。このように、注入プローブ量と計測/推定精度にはトレードオフの関係があるため、その精度を高めるには、計測用パケットが測定対象ネットワークに及ぼす影響を考慮する必要がある。そこで、本研究では計測用パケットが被計測系に与える影響を最小限に留め、高精度な推定を実現するためにパケットトレイン転送方式に着目し、各プローブパケットの損失率の増加傾向を利用したパケット損失率推定方式を提案する。測定対象ネットワークを単純なBatch Geom/D/1待ち行列モデルで表し、連続する個々のプローブパケットの損失率の理論的、統計的な解析を行うことにより、提案方式の有効性を検討する。
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.