大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


トラヒックの長期依存性を考慮したPassive計測手法の改善に関する研究
著者
  小松 忠嗣
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
   通信基盤としてのインターネットが普及して以来,トラヒック量は増加し, その種類も多様化している.そのため,送受信間の接続性の提供だけではなく, 各トラヒックが要求するサービス品質(Quality of Service,QoS)を満足する必要がある.このQoSを実現するには,該当する送受信間のパケット損失や転送遅延,可用帯域等を計測する技術が重要になってきている.その一手法であるPassive計測では,計測対象経路に属するルータ/リンクの過去の情報をもとに,計測対象の現在の転送品質を推定する.  一方,実際のLAN(Local Area Network)等で観測されるトラヒックは長期依存性(Long Range Dependency,LRD)を示すことが報告されている.この状況で品質を推定するには,長期にわたる計測情報が必要となり,保持すべき計測情報量はLRDの度合(Hurstパラメータ)に依存する.その量を単一の係数で調整できる推定手法として指数平滑移動平均(Exponential Moving Average,EMA)が挙げられる.しかし,LRDを有するネットワーク環境におけるEMAの有効性は明らかではない.  そこで,本研究では,トラヒックの長期依存性が指数平滑移動平均を用いた転送トラヒック量の推定に及ぼす影響をシミュレーションにより定量的に示し,推定精度を改善するための手法を提案して,その効果を検討する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.