大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCPとの親和性を考慮したリアルタイムトラヒックのためのスケジューリング方式の検討に関する研究
著者
  松岡 祐一郎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおいて音声等のリアルタイムトラヒックを転送するためには,パケット の転送遅延要求を満たす必要があり,そのためのスケジューリング方式が各種提案されてい る.その一方式であるDFQ(Decoupled Fair Queueing) では,要求帯域に対して過剰な帯 域をフロー毎に割り当てることによりリアルタイムトラヒックの遅延要求を満たすことが可 能となる.しかし,TCP 等のノンリアルタイムトラヒックに関する取り扱いに規定はなく, TCP の収容方法によりTCP の性能が劣化してしまうことが予想される. そこで本稿では,DFQ ゲートウェイにTCP を収容する場合の手法として,フロー単位で 収容する場合とフローを集約して収容する場合について検討を行い,それらの手法がTCP の性能に与える影響を調査する.その結果,RED(Random Early Detection) を適用するこ とによりTCP の性能が向上し,さらに適切にパラメータを設定することによりTCP のス ループットが改善することを明らかにする.
 
キーワード
  Diffserv, Internet telephony
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.