大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


W-CDMA環境における実時間通信の品質向上機構の検討
著者
  古閑 宏幸,森田 弦,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,NS2002-232,IN2002-205,pp.17-22,(2003年3月5日〜7日,沖縄県宜野湾市) 2003 年 3 月
 
アブストラクト
  移動体通信網の急激な発展とともに,ワイヤレスリンクからインターネットを利用したデータ通信サービスが注目されてきている.また,近年のワイヤレスリンクの広帯域化により,従来からの電子メールやWWW閲覧などの非実時間通信だけではなく,音声や動画などの実時間通信に対する要求が高まってきている.しかし,ワイヤレス環境では頻繁に伝送誤りが生じ,その回復制御のために遅延時間が大きくなり実時間通信の品質が大きく低下することが予想される.そこで,本研究では非実時間通信と実時間通信が混在するW-CDMA環境において,非実時間通信に対する悪影響を抑え,実時間通信の品質向上を実現するための機構を提案し,その有効性を示す.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.