大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数経路表を持つ分散型経路制御を用いた負荷分散手法に関する研究
著者
  磯崎 義記
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  現在インターネットで用いられている経路制御プロトコルは,経路選択基準(metric)として,目的ノードに到達するまでに経由するノードの数(ホップ数)を用いている.そのため,トラヒック量の少ない迂回路が存在したとしても,ホップ数が小さい経路にトラヒックが集中し,輻輳を生じさせる可能性がある.この状況を回避するためには,リンクに流れるトラヒック量に応じた経路制御を行わなう必要がある.各リンクに流れるトラヒック量を計測し,トラヒック量の少ないリンクを用いるように経路を設定することで,輻輳による通信品質の低下を回避することができればと考えられる.しかし,網内に流れるトラヒックは常に変動しているため,これに追従して経路制御を行った場合,頻繁に状態が変化することによって,経路が収束しない.このような環境では,パケットが網内でループしたり,パケットの到着順序が乱 れ,通信効率が低下してしまう.そのため,これまでの経路制御は安定性を重視して,metricを動的に変化させ ることは行っていなかった. そこで,本研究では安定した経路を提供するために,既存の経路制御プロトコルによる経路制御を用ると共に,網資源の利用効率向上を目的として,トラヒック量に応じた経路制御を併用する手法を提案する.これによって作成される複数の経路表を網内の状態に応じて使い分けることにより,安定した経路の提供と網資源の利用率向上を目指す.
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.