大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


MPLS網におけるトラヒック制御の実装実験に関する研究
著者
  内山 雄志
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2003 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、インターネットでは、音声通信などの新しいサービスが提供されはじめ、要求品質の異なるトラヒックが混在するようになった。そのため、各々のトラヒック特性に応じたサービス品質(QoS:Quality of Service)の保証が必要とされている。しかし、現在使用されている経路制御プロトコルでは、送受信端末間のルータ数などの静的な指標を用いて経路を決定するため、経路中のあるリンクにトラヒックが集中して輻輳状態に陥ると、そのリンクを通過するすべてのトラヒックのQoS要求を満たすことは困難となる。そこで、各トラヒックの要求品質やネットワークの状態に応じて適宜経路制御を行い、輻輳を回避するTE(Traffic Engineering)が注目され、その実現のためにMPLS(MultiProtocol Label Switching)を利用することが提案されている。 MPLS網では、流入トラヒックはLSR(Label Switching Router)において、FEC(Forwarding Equivalence Class)と呼ばれる転送等価クラスに分類され、FECに対応するラベルに基づいて転送される。ラベルは、レイヤ2におけるパス(LSP:Label Switched Path)を識別するものであり、これを用いることで明示的な経路の指定が容易に実現できる。また、FECは一般的に送受信IPアドレスペアで設定されるが、ポート番号などの情報を利用することで、各トラヒックのQoS要求に応じた経路の指定が可能となる。 そこで、本研究では、既存のMPLSの実装を用いてMPLSテストベッドを構築し、FECの設定および明示的な経路の指定によるトラヒック制御の効果について検証する。
 
キーワード
  MPLS
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.