大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ワイヤレスLANにおける自律的なアクセスポイント選択方式 - 強靭性と親和性の検証 -
著者
  福田 淳平
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,携帯型端末の技術発展と柔軟なインターネット接続要求が高まり,無線 LAN (LAN,Local Area Network)の普及が進んでいる.既に,家庭およびオフィス内 LANの無線化や,駅構内,ホテル,展示会場などからインターネットへ接続できるようにする公衆無LAN アクセスサービスが始まっており,市場では無線 LAN を次世代インフラとして期待している.このため,今後は無線 LAN を利用できる場所や,一つの無線 LAN 網内における利用ユーザ数は増加すると予測される.無線 LAN 環境では,収容ユーザ数を向上させるために,無線 LAN アクセスポイント (AP,Access Point) を複数設置する必要がある.しかし,無線ステーション (STA,Station)は無線電波状況のみを指標として接続先 AP を選択するため,AP 間の接続 STA 台数に偏りが生じ,無線帯域を有効かつ公平に利用することは難しい.この AP 選択の問題を解決するために,我々はこれまでに無線 LAN 網から得られる様々な情報から STA が自律的に AP を選択するアルゴリズムを提案した.そして計算機シミュレーションにより,既存の電波強度のみを指標とした場合よりも,無線資源を有効かつ公平に利用できることを明らかにしている.そこで本研究では,実際の無線 LAN 環境で起こる状況を計算機シミュレーションにより想定し,提案されているアルゴリズムの実用性を評価する.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.