大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCPとの親和性を考慮したリアルタイムトラヒックに対するフロー制御の研究
著者
  間 青洋
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  ここ数年のインターネットの急激な成長にともない、従来からのデータ通信だけでなく、インターネット会議など、リアルタイム性を要求するアプリケーションが日常的なものになりつつある。現在のインターネットにおけるデータ通信はBest Effort Serviceで提供されているため、ノンリアルタイム(nRT)トラヒックのサービス品質(QoS,Quality of Service)は、TCP(Transmission Control Protocol)の誤り制御やフロー制御により実現されている。リアルタイム(RT)トラヒックについては、優先的に転送することにより、要求するQoSを保証することが可能であるが、その結果nRTタイムトラヒックの性能を著しく劣化させる可能性がある。その劣化を抑制し、かつRTトラヒックのQoS要求を満たすために、RTトラヒックに対しても何らかのフロー制御が必要となる。その方式として、TFRC(TCP Triendly Rate Control)やRAP(Rate Adaptation Protocol)等が提案されているが、各々の性能の調査や、その比較は十分にされていない。そこで、本研究ではこれらの転送方式の特性を計算機シミュレーションにより調査し、性能比較及び改良点について検討する。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.