大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチホップワイヤレスLAN構成法の提案と評価
著者
  金子 仁
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の無線LANの普及に伴い,通信エリアの拡大要求が高まっている. しかし,現在の無線LANのAP(Access Point,アクセスポイント)は, イーサネットなどの有線ネットワークを介してバックボーンに繋がって いるため,新たに設置する全てのAPに対して, イーサネットなどの 有線ネットワークを敷設しなければならず,多くの費用と手間を要する. そこで,AP間を無線で接続し,マルチホップネットワークを構築することで, より簡単に無線ネットワークを構築できると考え られる.しかしIEEE802.11をベースにしたマルチホップネットワークでは,さ らし端末問題(exposed node problem)が発生するため, 効率良く,かつ公平な通信を行うことが困難となる. そこで,本研究ではさらし端末問題を解決し,効率の良いマルチホップワイヤレス 通信を実現するために,AP間通信用に新たなインターフェイスを用意する手法 を提案し,シミュレーションによりその有効性を確認する.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.