大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高速ネットワーク上の特性計測における高精度タイムスタンプの有効性
著者
  倉松 純一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットのような広域または分散管理されたネットワークでは,エンドツーエンドパスに沿った通信品質や,そのパスの状態・特性を推定することが重要であり,その手法の一つとしてアクティブ計測が利用されている.アクティブ計測は,そのパスの始点ノードから試験パケットを送信し,そのパスに沿って,転送された試験パケットを終点ノードで受信/観測を行う方法である.アクティブ計測による通信品質やネットワークの内部状態の推定には,試験パケットの往復または片道遅延時間や,キュー遅延時間,あるいは隣接するパケットの通過間隔を計測する必要がある.そして,それらの計測を行うには,1点もしくは複数点においてパケットの通過時刻を記録するタイムスタンプが必要になる.ところが,ネットワークの高速化に伴い,従来の低精度なタイムスタンプではネットワークの正しい計測ができなくなり,より高精度なタイムスタンプが開発されるようになってきた.そこで本研究では,高精度なタイムスタンプが可能なハードウェアベースのパケット計測装置を高速広域IPv6テストベッドネットワーク(JGNv6)上に設置し,計測実験を行う.その結果から従来の低精度タイムスタンプとの比較を行い,その有効性を調査する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.