大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


パケットトレイン方式による可用帯域推定手法の実装に関する研究
著者
  木村 和宏
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の急速なネットワークのブロードバンド化やマルチメディア化により,インターネットでは様々なサービスが提供されるようになってきている.そのため,Best Effort 型の通信からサービス品質(Quality of Service,QoS)を保証した通信の実現が求められており,そのためには各リンクにおいて現在利用可能な帯域(可用帯域)を把握することが重要になる. ネットワーク計測の一手法であるアクティブ計測(Active Measurement)では,計測対象ネットワークにプローブと呼ばれる計測用パケットを送出し,それにより得られる情報を用いてネットワーク状態を推定する. アクティブ計測にて可用帯域を推定する手法としてはいくつか存在するが,その中の 1 つにプローブの片道転送遅延時間の相関を用いた手法が提案されている. しかし提案手法は実装されておらず,実際のネットワーク環境における既存手法との性能比較は明らかにされていない. そこで本研究では提案されているプローブ片道転送遅延時間の相関を用いた End-to-End 可用帯域推定ツールを実装し,既存手法との性能比較を行う.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.