大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数経路表を用いたホップバイホップ型QoS経路制御機構
著者
  コシュカル ヘディア,池永 全志,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,NS2003-310,IN2003-265,pp.77-82,(2004年3月3日〜5日,沖縄県名護市) 2004 年 3 月
 
アブストラクト
  今後,インターネットにおいては,通信品質要求や優先度が異なる複数のクラスのトラヒックが混在する状況になると考えられる.そのため,優先度が高いクラスによる通信が優先度の低いクラスの通信を圧迫する等の相互作用を考慮したうえで網資源を効率良く利用可能なQoS経路制御手法の実現が求められる.そこで本研究では,現在のインターネットにおける経路制御手法と親和性が高いホップバイホップ型のマルチクラスQoS経路制御手法として,網内のノードが各トラヒッククラスに対応する複数の経路表を用いる手法を提案する.さらに,シミュレーションによる性能評価の結果より,提案手法を用いることによって各クラスのトラヒックが良好な性能を得られることを示す.
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  English
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.