大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


プローブ遅延特性を利用したActive計測による可用帯域推定手法の提案に関する研究
著者
  石井 純
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワークのブロードバンド化およびインターネット関連技術の発展により、今日、インターネット上では様々なサービスが提供されている。それに伴い、通信サービス品質(Quality of Service, QoS)への関心が高まり、トラヒックの特性に応じたQoS保証の実現が求められるようになってきた。そのためには、End-to-Endの通信経路(パス)における利用可能な(可用)帯域の推定等を行なうネットワーク計測技術を確立する必要がある。End-to-End可用帯域を推定する場合、プローブと呼ばれる計測用パケットを計測対象ネットワークへ送出し、プローブの遅延や損失率を利用してネットワーク状態を推定するActive計測が適しているが、Active計測では注入プローブ量と推定精度の間にトレードオフがあり、かつ、計測時間が増大するという問題がある。そこで、本研究では、複数プローブを連続転送することにより得られるプローブ片道転送遅延時間(One-Way Delay, OWD)の相関を利用し、上記の問題点を考慮したActive計測によるEnd-to-End可用帯域推定手法を提案する。 そして、提案手法のメカニズムを説明し、推定性能の調査・検証を行い、その有効性を示す。
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.