大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


長距離通信のためのTCP性能改善技術の動向
著者
  鶴 正人, 熊副 和美, 尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  情報処理, Vol.44, No.9, pp.951--957 2003 年 9 月
 
アブストラクト
  広域IP網の大容量化に伴ってGridに代表されるような長距離高速通信を要求するアプリケーションが現実のものとして登場し,その効率的実現のための研究開発が活発化している.本稿は,長距離広帯域パス上での通信,特に現在のIPのアプリケーションが標準的に使うトランスポートプロトコルであるTCPによる大容量データ転送の問題点を説明し,長距離高速通信を可能とするトランスポートプロトコルの実現のための研究動向および日本におけるJGN上に構築された長距離・大容量テストベット上での予備的実験を紹介する.
 
キーワード
  Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.