大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


リンク帯域がトラヒックの長期依存性に及ぼす影響に関する研究
著者
  山田 貴明
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワークの性能評価を行う場合,トラヒックモデルにポアソン到着を仮定して理論解析やコンピュータシミュレーションを行う事が多い.ポアソン到着に従うトラヒックは理論的に取り扱う事が容易で,長期的な平均トラヒック量が一定しているのでネットワークの定常的な挙動を示すのに適している.しかし,実際のネットワークの平均トラヒック量の挙動は計測しても長期的に変動していることが一般的である.これをトラヒックの長期依存性と呼ぶが,長期依存性を有するトラヒックの転送状態はポアソン到着のトラヒックのそれとは大きく乖離することが知られている. そこで,本研究ではリンク帯域の違いやトラヒックの転送プロトコルがトラヒックの長期依存性に及ぼす影響についてコンピュータシミュレーションにより調査を行い,ポアソン到着で仮定可能なネットワーク環境について明らかにする.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.