大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ルータのキュー長を利用した可用帯域推定方式に関する研究
著者
  石崎 敏己
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2004 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネット関連技術の発達により,従来からのファイル転送や電子メールだけでなく,ネットワーク上で音声や動画等を利用したアプリケーションが増えてきた.これらアプリケーションを効率よく通信するためには,トラヒック制御やユーザへの通信品質(Quality of Servise, QoS)の提供などの機能を実現する必要がある.そのためには,変動するネットワークの状態を把握することが必須であり,本研究ではパッシブ計測により可用帯域を推定することに注目する.ルータの挙動を基本的な M/M/1 待ち行列でモデル化する場合,キュー長と可用帯域の関係が陽に示される.M/M/1 待ち行列モデルでは,パケットの到着間隔と処理時間が共に,過去の状態に依存しない.しかし実際のネットワークではこれらには相関があるため,M/M/1 モデルによる可用帯域推定の効果は不明である.そこで,実際のネットワーク環境における適用性を計算機シミュレーションによって調査を行なう.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.