大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線LANにおける実時間通信のためのハンドオーバ管理手法
著者
  樫原 茂、尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, IN2004-109, pp.7-12, (2004年11月19日 大阪大学) 2004 年 11 月
 
アブストラクト
  モバイル端末がリアルタイム通信中に異なるドメインの無線LAN間を移動するとき,ハンドオーバ時のパケットロスにより瞬断や通信品質の劣化が生じる.本論文では,ハンドオーバ時のパケットロスを防ぐために,ハンドオーバ処理時間の削減と移動中の良好な無線LANの選択を行うハンドオーバ管理手法を提案する.まず,リンクレイヤハンドオフ処理時間を削減するため,モバイル端末に複数の無線LANインタフェースを搭載する.次に,移動中の良好な無線LANの選択を行うための指標として,MAC層のフレーム再送回数に着目する.モバイル端末はフレーム再送回数から,パケットロスが発生する前に無線リンクの状態の悪化を検知することが可能となる.提案方式では,Handover Manager(HM)は各無線LANインタフェースからデータフレーム再送回数を取得し,これらの情報を元にハンドオーバ時のパケットロスを防ぐネットワーク選択を行う.
 
キーワード
  Mobile, Internet telephony, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.