大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


P2Pネットワークにおける検索過程を考慮した複製配置手法
著者
  岡村 敏也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ネットワークに参加するすべてのホストがサービスを互いに提供することで,ネットワーク全体に負荷を分散可能なPeer-to-Peer~(P2P)~モデルのネットワーク形態が注目されている.P2Pを利用した技術の中で最も利用が進んでいる分散ストレージでは,ピアがネットワークから離脱した場合に,そのピアが持つデータを参照できない事態を防ぐために,各ピアが持つデータの複製を他のピアに作成する.一般にP2Pネットワークはpower-lawに従い,少数の高degreeのピアと多数の低degreeのピアから構成される.この構成では,高degreeのピアのストレージに負荷が集中する.そこで,先行研究では各ピアのストレージの利用率に基づいて,そのピアに対する複製の生成確率を決定するPath Adaptive Replicationを提案し,効果的な負荷分散を達成できることを明らかにしている.しかし,この手法ではストレージ利用率という各ピアの情報に基づいて複製を生成しており,ネットワーク全体の状態を考慮していないため,データの複製がネットワークの一部に偏って配置される恐れがある.そこで本研究では,検索過程により得られる情報からP2Pネットワーク内部の状態を推測することにより,P2Pネットワーク全体に複製を効果的に分散配置し,ストレージ負荷の分散,及び検索性能の向上を達成する複製配置手法を提案する.そして,シミュレーションにより提案手法の有効性を示する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.